topimage

2011-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せでいて下さい ~あのころのこと~ - 2011.12.14 Wed

こんにちは。

今日の旭川のはずれrera地域は晴れ!!

朝のうちは曇っていましたが、今はキラキラと雪が輝く晴れです♪

実に北海道の冬らしい、雪がうっすら青くなるお天気です。


以前書きましたが私は20歳位の頃、この冬の北海道の景色を見て将来移住する!と心に決めたんです

そして結婚することになり移住は諦めましたが

旦那も北海道に惚れ込んだので移住ケテーイ(*´∀`*)ノ で、現在に至る…な訳です



話が関係ない方向へそれてますな(T▽T)


今日のBGMはこちら



そして今日の内容は久々“あのころのこと”


今日は私が23歳の頃に出逢い、

バイト仲間→友達→異性を超えた親友→恋人としてお付き合い
→異性を超えた親友という道を辿ったKさんとの想い出


Kさんとは私が音楽の専門学校時代に行ってた新宿の楽器店のバイト仲間として知り合いました

イシバシ楽器新宿店


解る人には解りますね、新宿のイシ〇シ楽器です


私バイトでここで楽器売ってました。とにかく楽器の傍にいたかったので選んだバイト先。
専門学校も新宿までそんなに遠くない場所にあったので(後楽園にありました)


余談ですが・・・・
我が家の旦那は関東で生まれ育ってるのに新宿は恐い場所と思ってたそうです
・・・・・そりゃ、場所によっちゃ恐いけど普通にショッピングできる街ですよねぇ(T▽T)


で、そのイシ〇シ楽器のバイト仲間だった同い年のKさん・・・・・・・

見た感じはヒョロッと背の高いチェッカーズの尚之みたいな人でした。

洗いざらしの真っ白のTシャツとジーンズがよく似合う人でした。

アメカジ大好き人間だったのでそんな格好してましたが、

滅茶苦茶洒落っ気があった訳でもなかったのでいつもそんな格好で無難に・・・って人でした(笑)


その人はなんていうかなぁ、同級生、従兄弟、幼なじみ、そんな雰囲気の人でした。


実は私の方が先に好きになったんですが・・・・・(/ω\*)


その好きになった原因となった出来事が面白いですよ

完熟してから収穫するトマトと
トマト完熟


完熟する前に収穫して出荷するトマト
トマト未熟


そのトマトの味の違い・・・・・・・でした


楽器店では昼食時間に店員がゼロにならない様に一便、二便、とお昼時間がシフトと共に張り出されました

ある日私はKさんと同じ便で、10人位でゾロゾロと近場にランチしに行きました

確かみんな揃って日替わりランチ食べた様に記憶してますが、

食べ終わって私の隣だか向かいにいたKさんのお皿を見るとトマトを残してたんです

で、私はこう聞きました

『トマト、嫌いなの?』

Kさん『こっちのトマトは嫌い。味が無いから。』


・・・・・・・な~るほど。

Kさんは九州の大分・湯布院の人でした。

湯布院

実家で食べるトマトは実家で作っていた完熟トマトだったから甘いし大好きだった、と言ってました

確かにね~。完熟してから収穫するのと未熟の内に収穫しちゃうのでは甘さが雲泥の差ですよね


そんな甘~いトマト食べて育ったKさんに無味なトマトは食べられないかも。

で、なんでそれで好きになったか?って言うと、残したトマトをくれたから ちっがーうッ!!


普通23位の男子って、自分が地方から出てきたって事話すの避けたがりますが、

実家のある湯布院を本当に愛していて、その湯布院の話を聞いていると実に心地よかったんです

不思議ですがそのトマトの話だけで好きになったんですよ(笑)


で、私が専門学校卒業して新潟に戻ってから、彼は私にとって必要な人だった事をつくづく感じて告白

…新潟と東京の遠距離恋愛が始まりました

その時に自分の気持ちとジャストフィットした曲がこの矢野顕子さんの『ひとつだけ』でした



私の自分自身のエレクトーンのレッスンを東京の先生に見て貰っていたので、

二週間に一度上京してて、その時に逢う形でした


最初のデートはここ
サンシャインビル


サンシャイン60の中にあるサンシャイン水族館
サンシャイン魚


そして2年位付き合って私が王国に行く事になり別れて・・・・・

でも王国からすぐに帰ってきて

王国の乱れた人間関係や動物虐待に近い扱いを目の当たりにして

少し精神的におかしくなりそうだった私・・・・・・・・


その後少しして埼玉の実家に引越し、で、Kさんに精神的に疲れた話や

星の綺麗に見える所でノンビリ暮らして精神を休めたい話等しました

そしたら心の洗濯しに行こうと、誘ってくれました

池袋だか上野だかで待ち合わせしてここに連れてってくれました

稲村ヶ崎


サザンで有名になった稲村ヶ崎。

ランチしてから砂浜へ降りて、

一日中砂浜にゴロンと寝っ転がって潮騒を聞いていて本当に心が穏やかになりました


その後だったかな電話だったか逢った時だったか忘れたけれど

ぼそっと小さな声で普段は使わない敬語で『大分行きますか?』と・・・・・

エッ!?これって ぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷプロポーズですよねッ!?

むッ無理!!新潟で負った婚約破棄の傷が瞬時に蘇ってしまって

また同じ苦しみ味わうの!?と、慌てて気づかぬフリで

『温泉連れてってくれるの!?行きたいなぁ♪』と返したズルイ私

返事はありませんでした。Kさんが勇気を振り絞って言ってくれた言葉に対して

きちんと応えなかった事今でも心の傷になってます…本当にごめんなさい。


それから数年、年賀状だけの関係が続き 恋愛感情もお互いに全く無くなり、

電話で話した時に、Kさんには彼女が出来ていて、その彼女の事で相談を受けました

彼女はバツイチで子供がいて・・・子供も自分に懐いてくれていて結婚しようと思うんだけど

湯布院の親がそういうの認めなさそうで。どうするべきか悩んでる、って。

私はこう答えました。

『自分の子供も作っちゃえ!!そしたら反対なんて出来ないでしょ。

で、み~んな連れていきなり行っちゃいなよ。お母さん、子供達見ちゃったら可愛くなっちゃうって。

彼女の連れ子だって同じ様に可愛い子供なんだもん、

お母さんは幼い兄弟見てたら知らない内に頬が緩んでると思うよ?

それが母性本能だよ』

・・・ってアドバイスしましたが今ではどこにいるかさえ知らないのでどうなったのでしょう?


壊れそうな私を助けてくれたKさん、

その彼女と子供としあわせに暮らしていてくれたらいいな・・・・・・・

私は優しい旦那と巡り合えたから物凄くしあわせだよ♪

大好きな北海道で、大好きな人と大好きなワンコと動物王国みたいな暮らし送ってるよ(笑)

ポチッ☆のひと手間お願い出来たら嬉しいです(人´∀`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ





にほんブログ村





スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

rera

Author:rera
こんにちは(*^_^*)
犬と北海道とブログが大好きな
reraです
大好きな北海道で
大好きなワンコ多頭飼育の
夢が叶い、
現在3ワンズの犬小屋に
住まわせて貰ってますwww
そんなドタバタ生活
どうぞ覗いてって下さい♪
      
        By rera

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
ワンズ (52)
エッセイ (1)
なんでも (64)
みんなのはなし (15)
おでかけ (12)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。